コスパ最高プライム会員!月額ワンコイン500円で豊富な特典「Amazon Prime Video」

 

始めませんか?!あなたか中心「Amazon Prime Video」生活

 

「Amazon Prime Video」は、色々なジャンルの映像が見れて、その割には凄くコスパがいい!月額なんと500円は、これ以上にないコスパ最強の商品です。

 

昔懐かしのお気に入りのテレビ番組を見ることがあれば、洋画や邦画を見たりすることもあります。「Amazon Prime Video」だけのオリジナル番組もあるので、お気に入りの番組がみつかるかもしれません。

 

 

例えば去年に関して言えば、現在も流行っていますが「鬼滅の刃」を、世間の時流についていくのに、合間の時間を活用して見ることができます

 

世間では話題騒然なのに、自分はさっぱり!なんていう人がたくさんいると思います。そんな人に「Amazon Prime Video」は、ちょうどいい商品です。

 

あなたをきっと次のステージに導いてくれるはずです

 

 

合間の時間を活用して見ることができたあなたは、きっと良かった!と思えるようになるはずです。いろんな意味で、ありがたいと思う気持ちになるのではないでしょうか。

 

もちろん、見たい番組がない時もあると思います。ただ、そのコストを考えると、それも仕方ないのかなと思えるはずです。

 

 

最近のテレビ番組は、どこのチャンネルもテレビをつければコロナの事ばかり報道していますし、つまらないからとドラマを探しても、どれもこれも似たりよったりなのではないでしょうか?

 

自分の関心事とマスコミが流すものが合わなくなってきていませんか?

 

そんなあなたに、「Amazon Prime Video」はぴったりだと思います。

 

 

そもそも、テレビは一方的ですが、動画配信サービスは自分が中心になってコントロールする暮らしです。日々の暮らしにおいて、とても重要な意味あることだと思います。

 

きっと、今のテレビに限界を感じているあなたは、「Amazon Prime Video」を活用する機会が多くなり、自分が自分で探して選んだ番組に、あなた自身満足した時は、きっと入ってて良かったと思うようになると思います。

 

そして、あなたはきっと「Amazon Prime Video」を手放せなくなってるはずです。

 

始めませんか?!あなたか中心となって始める「Amazon Prime Video」生活を

 

 

 Amazon Prime Video紹介動画

 Amazon Prime Video って何?

 

Amazon Prime Videoは、ネット通販最大手Amazonが提供している動画配信サービスです

 

Amazonは利用している人でも、意外とプライムビデオは知っていても利用していないという人が多いのではないでしょうか?

 

Amazon Prime Videoは、それ単体でのサービスではありません。みなさん、ご存じでした?(自分の無知さをさらしているのかも(笑))

 

Amazon Prime Video単体の会員料金ではないのです

 

あくまで、Amazon Prime会員になるための月額会員料金だということで、Amazon Prime 会員になれば、誰でも使えるたくさんのサービスの1つということです。

 

ですから、動画配信サービスというよりも、ネット通販最大手Amazonの会員特典の1つにAmazon Prime Videoが存在するということなんですね。

 

 

その割には、内容も充実しているというから最高じゃないでしょうか?

 

値段は月額500円(年間プランなら月額408円)で、一ヶ月のお試し期間もあります。

 

数ある動画配信サービスの中でも最もコストパフォーマンスの優れた動画配信サービスになっていますので、まずは1番最初にご検討いただく動画配信サービスとしてAmazon Prime Videoは間違いなくオススメのサービスです。

 Amazon Prime Video 魅力と特徴

 

Amazon Prime Videoは、あくまでプライム会員の特典の一つです。それを知らずに普段からAmazonを利用している人がたくさんいるのではないでしょうか。

 

Amazon Prime Videoは、それ単体のサービスとして別途料金がかかるわけではありません。この点が、意外に多くの方が見落としがちだと思います。

 

Amazon Prime 会員には様々な特典があります。

 

ショッピングの送料は無料になり、音楽も聴け、本も読める。その上で動画が見放題なわけです。どう考えてもお得なのは間違いありません。

 

それを、すべてまとめて月額500円というから、圧倒的だと思うのです。そのAmazon Prime会員の特典をはじめ、さらに詳しく具体的にチェックしてみました。

 

 Amazon Prime会員主な特典

 

 

 ネット通販Prime会員特典

 

通販を利用する際に、もっと早く届くようにしたい!だとか、到着予定時間を指定できるようにしたい!などと思ったことがないでしょうか。

 

これらは本来有料サービスとして利用できるようになていますが、Prime会員なら無料で利用することができます。

 

その他にも、生活消耗品に特化したAmazonパントリー、生鮮食品に特化したAmazonフレッシュいったサービスもありますので、興味ある方は是非チェックしてみてください。

 

 

 Amazon Music

 

Amazon MusicもPrime会員の特典の一つです。200万曲以上が聴き放題のサービスです。

 

さらに追加料金をかけることで、聴ける曲の幅がどんどん広がっていきます。

 

最大4000万曲以上が聴けるようになります。音楽好きな方なら一考の余地があるのではないでしょうか。

 

また、プライムラジオという楽曲を延々と流す無料サービスもあり、それで十分という人もいるかもしれません。

 

 

 Prime Reading

 

Prime Readingでは本、漫画、雑誌などの対象のKindle本が読み放題です

 

kindleの端末を所持していると「kindleオーナーライブラリー」という特典も追加で発生し、有料の本が月に一度無料で読めるようになります。

 

指定された範囲内ではありますが、一冊2000円以上するものもあり、かなりお得になっています。

 

 

 Prime Photo

 

Prime Photoは、無料で使える容量無制限のフォトストレージ・クラウドサービスです。容量無制限かつ無料なので、非常に使い勝手がいいサービスです。

 

以上、上記のサービスに加えて、ドラマや映画、アニメ、バラエティまで豊富なコンテンツが見放題のAmazon Prime Video特典もというわけです。

 

月額500円で余りあるたくさんのサービス特典があり、ここまでのサービスは他には類を見ないレベルです。

 

 

 コンテンツ充実、コストパフォーマンス最高

 

料金プラン(税込)は、通常会員:月会費500円・年会費4900円(実質408円/月)となっています。無料体験期間が30日間あります。

 

HuluやNetflixなど他の定額制動画配信サービスと比較してもリーズナブルになっています。

 

さらに学生限定の学割プラン(Prime Student)もあり、年会費2450円でAmazonプライムの全特典が利用でき、1カ月あたりの会費は204円です。

 

 

特に最近ではAmazonオリジナル作品に加えて、邦画や人気アニメ劇場版など、プライムビデオで見放題独占配信される作品が増えてきています。

 

アメリカで制作されたオリジナル作品、看板番組ともなった『HITOSHI MATSUMOTO presents ドキュメンタル』をはじめ、恋愛・婚活リアリティ番組などオリジナル作品のジャンルは幅広く、充実度が増して盛りだくさんです。

 

配信総数は約5万本以上で、アニメやバラエティ、ドラマなどのテレビコンテンツが約2万本といった内容です。

 

随時新しい作品が追加され、コンテンツの総数は日々変化しています。

 

 

 

ただし残念ながら、見放題になるのは「prime video」で配信されているコンテンツの一部です。

 

見放題ではないコンテンツは、レンタルまたは購入して視聴する形になります。

 

プライム会員特典は3000本と限定的で、例えば最速見逃し配信をとなっても、有料コンテンツであることが多く、見放題対象の最新作は少ないという印象もあります。

 

 

 気軽で身近な便利機能

 

とにかく、対応デバイスが豊富です。スマホやタブレットなら作品をダウンロードすることができ出先でも通信料を節約しながら高画質な映像を楽しめるようになっています。

 

「Prime Videoプロフィール」を設定すると、1つのアカウント内で最大6つのプロフィール(子ども用含む)を管理することができます。

 

シーズンの進捗状況やウォッチリストなど個別に表示され、各自の視聴履歴に基づいたおすすめコンテンツやあなたが興味のありそうな映画(TV番組)が表示されます。

 

1つの作品から似たような作品が次々と見つかるというわけです。

 

 

 

 

また特徴的なのが、ユーザーの投稿したレビューが全文読める点です。いいところや悪いところが克明に書かれていることが多く、観る作品を決める一つの目安になります。

 

レビューの数を見て、人気作かどうかを判断する人もいると思います。

 

高評価の作品や賛否分かれた作品など話題を呼んだ作品は、たくさんのレビューが投稿されています。

 

書き込みが多い作品は、それだけ多くの人が観ている証拠ですので、観たい作品が見つからないときは、こうした作品をチェックするという方法があります。

 

 

 

 

お気に入りの番組やシリーズ作品を、友達とチャットしながら一緒に楽しめる「ウォッチパーティ」機能というものがあります。

 

参加できるのは最大100人までで、参加者全員がプライム会員である必要があります。

 

ウォッチパーティーを作成したユーザーが、再生や一時停止、巻き戻し、早送りなど一連の操作をおこなえる仕組みとなっています。

 

 まとめ プライム会員最強!

 

最後にまとめとして、Amazon Prime 会員は最強です。

 

プライム会員になれば、ショッピングの送料は無料になるし、音楽も聴ける。本も読める。そのうえ動画が見放題です。

 

どう考えてもお得なのは間違いありません。

 

 

ただし、Amazon Prime Videoサービス単体で考えると、人それぞれかなと思います。

 

月単位換算にすると408円(年間プラン)で利用できるという圧倒的コストパフォーマンスという点においては、間違いないサービスだと思います。

 

 

※画像及び動画引用元google検索より

 

 

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事