「パワートラベラー実践会」において「あなたのやりたくないことは何ですか?」

 

 

「あなたのやりたくないことはなんですか?」
「目標設定というと「やりたいこと」から設定をしていくことが多いですが、僕は逆に、「自分が絶対に、やりたくないこと」のリストをまず作り、そこから逆算をすることで目標を作った方がブレないと考えています。」  ※阪口さんの言葉から引用
あ!同じ!って思いました。
ただ僕は、そこまでシステマティックに取り組んではきていませんが、だからこそ、あ!すごいなあー!って思え、素直に。
だって、本当そう思うから。それが真実では?って思うくらいに。
そして、こうとも言っています。
「なぜなら、「やりたい」と思っていることは、よく変わるから」
※阪口さんの言葉から引用
あー、そうそうそう!と、共感しました。
繰り返しますが、僕はシステマティックにやってきてませんが、自然とこういう考え方になることが多いと自分自身思っていました。
そして、こうおっしゃられています。
「やりたくないことには嘘がつけません。」  ※阪口さんの言葉から引用
本当、そうなんです!(笑)素直に、思いました。
今は、個の時代だと、よく言われますが、僕らの時代は、まさにこの個の部分ってのを、いかになくすかといったところが多い時代だったと思います。
組織の時代とでも言うのでしょうか。
だから、そうせざるをえなかったというか、流されたという部分が多かったと感じています。
でも、そんな僕でも、大人になるにつれ、自分で自分の人生の責任をという人生のステージが上がっていくにつれ、僕は流されることができなかった。
若い時は、しょうがない、我慢だ、そういうもんだ!ってことでも、今は自分の人生を自分で生きているって自由がるのなら、やりたいようにやればいいのでは?って思うのです。
自分の人生を生きているわけで、自分の選択で自分が責任を負うわけだから。
もっと言うと、人の思う自分という虚像を生きる必要もない!
芸能人や公人じゃあるまいし!ってことも、よく思います。
そして、実際問題できないものだったり、苦手なものって、誰にでもあるのは事実で、これは自分はやりたくない!無理だ!自分が自分でなくなってしまうのような感じのものです。
どうしても自分には無理!やりたくない!ってことは、やらない自分になれるように頑張ってきたつもりですし、だから、徐々にやる必要もないと思います。
自分にそれだけの力があれば、そうすればいいと思います。
ただ、それだけなんじゃないかなって思います。
力がなければ、そうも言ってられませんからってなるんじゃないかなって思います。
その力には、いろいろあるわけなんですが、自然とそういうように生きてきたって感じです。
最近、やりたいことは?なりたい自分は?って世の中にお尋ねが多いことには、僕の人生観としては、正直違和感があるってのが、本当の気持ちです。
だって、できない人が多いのでは?気が付けばって人ばかりなんだと思います。
そもそもが、子供のころになりたい自分になれている人なんて、ほんの一握りでは?って思いますし、それが真実ではっておもうわけです。
それこそ、そんなきれいごと!って思うし、おかっしくないかなあーっとも思います。
だからこそ、今の時代を考えると、なおさら、そういう人はチャンスの時代ですよ!ってことな音かもしれません。
世の中には、好きなように生きろ!だとか、そういう方向の言葉ばかり聞きますが、すごい違和感もあります。そんな簡単に、よく言うよ!ってところもね。
基本的には、なりたい自分になれるなら、なりたい自分になればいいという考え方は、今も昔も変わりありません。
僕が思ってきた社会感としては、社会とは自分でコントロールできる要素が未知な世界で、そう簡単に自分の願望だけで、自分がなりたいようになれるのか?というのが、僕の率直な考えです。
思考は現実になる!なあーんて言いますが、思考するのは自由ですし、それはそれでいいと思うけどって思うところもあったりするわけです。
そうすると、やっぱり、そうなるために努力しないといけないだろうしってなりますよね。
やりたいことよりも、やりたくないことにフォーカスし、絶対にやりたくないものは、止めれるようにする!って方向に持っていった方が、より確実なんじゃないかなというのが、僕の考え方です。
なぜなら、より現実的だからです。
僕はそんな感じで生きてきました。
え?!なんで!?もったいない!?と言われるような選択もしてきました。
でも、それは、自分には嘘はつけない!自分には、できない!もっと言うと、やりたくない自分は確かだということです。
だから、やりたいことは、今の時点ではブログにチャレンジですが、その根幹には、資産だったり、自由だったりといったベースがあって、その方向性で間違いない可能性を感じているということで、これがどう変わってくるかは分かりません。
ただし、やりたくないことは、はっきりしています。
・自尊心をなくしてしまうようなこと
・プライドを傷つけられる世界
・そのような相手を相手しないといけないこと
・小馬鹿にされたり、なめられたり、屈辱的な対応を強いられること
・自分自身でなくすようなもの
・みんなそうだから!そういうものだから!理屈じゃないから!のような思考停止を強いられ、むしろそういうのが重宝される世界
・自分の納得にかかわらず、複数のうちの一人くらいな扱いを受けること
・あまり無難に、空気を読んで、世一列に合わせてなーんて世界も苦手です
・マウントを取られることも嫌いです。
・あまり集団的な世界も好きではありません
それらを、嫌でも我慢してなーんて世界、大っ嫌いです。
しっかり対策を取って生きていきたい、そんな風に思っています。
僕の目指すところは、自由でハッピーなお金持ちです。
こういう境地を目指すにあたって、必ずしもやりたくないことであればやらない。
さらに、断捨離な感じで、特に必要でなければ、それすらも捨てるべき!
という考えもあります。
これは、効率性からです。なぜなら、時間は有限だからです。
そんな年にも、なってきましたしね(笑)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事